様々なソフトウェアについての説明

ソフトウェアという用語を聞いてシステムエンジニアやプログラマー等のIT業界に携わっていない人たちには、ワープロやスプレッドシート、あるいはプレゼンテーションを扱う物を想像するかも知れません。

しかしソフトウェアと一口に言っても様々なタイプがあり、前述したものは一般にアプリケーションソフトウェアと言い、単にアプリケーションと呼ばれているようです。

また、昨今ではスマートフォンの爆発的な普及により、アプリケーションを短くアプリという言い方で、好みのアプリを自分のスマートフォンにダウンロードして、自分の端末をカスタマイズしている模様です。

このアプリも実に様々で、スケジュール管理アプリ等からゲーム、あるいは電子読書リーダー等、様々なものが揃っているので、利用してみると良いかも知れません。そして、それらのアプリケーションを動かし利用する為には、オペレーティングシステムというシステムソフトウェアが必要になって来ます。その代表格とも言えるのが、日本だけでは無く世界にも広く普及しているウインドウシステムを兼ね備えている、オペレーティングシステムです。

All Aboutの情報をお知らせいたします。

このオペレーティングシステムは、システム上で動作するプログラムやCPU等をコントロールしたり、時にはハードディスクに格納されているライブラリープログラム等を呼び出して、実行する事もあります。



そして、このオペレーティングシステムが如何に安定して、パフォーマンスを発揮出来るかは重要なファクターと言えるでしょう。