これ無しには始まらないOSというソフトウェアの存在

ソフトウェアと呼ばれる物の中には、これが無ければ始まらないという存在に値する物があります。

それは、OSというハードウェアを制御したり、アプリケーションを制御する役割も持ち合わせ、更にはユーザーとの連携を図る事が出来るシステムです。

つまりそれは、プレゼンテーションソフトやワープロソフト、あるいはスプレッドシートソフト等を、パソコン上で動作させる為の土台となるものであると言えます。また、パソコンだけでは無くサーバーと言われるコンピューターにも、このOSはあります。

しかし一般的にはサーバー上で動作させるソフトウェアは、先に挙げたようなアプリケーションではなく、データーベースシステムやWebサーバー等のプログラムを動作させるというのが一般的です。

週刊ダイヤモンドに関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

そして、このOSには幾つかの役割がありますが、ここではそれらのうちの幾つかを説明していきます。

一つ目にはプロセス管理と言い、このOS心臓部に当たるカーネルと呼ばれるプログラムの中心的な機能で、プロセスのスタートやストップ等の制御を行います。



そしてCPUやメモリー等のリソースの割り当てや制御も、プロセス管理の一つと言えます。

二つ目は、デバイスドライバーがあります。

デバイスドライバーは主にハードウェアの制御を行うプログラムであり、プリンターやマウス、あるいはUSB等との通信を行える様にするソフトウェアです。



世間一般で知られている代表的なパソコンのOSでは、デバイスを接続するだけのプラグアンドプレイで認識される様になっているので、必ずしも意図して接続するデバイスドライバーをインストールしなくても済むかも知れません。

もしパソコンへの接続が上手く行かなければ、インターネットを利用して当該のデバイスドライバーを見つけて、インストールする必要があります。